• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

経済・規制・制度

130件中 71 - 80 件を表示

8 / 13ページ
  • 非伝統的金融政策

    非伝統的金融政策(Unconventional Monetary Policy)とは、伝統的な金融市場調節手段である政策金利がゼロ、或いはほぼゼロになった状況から、さらに金融緩和を行う政策を意味する。具体的には、中央銀行のバランスシートを拡大させる量的緩和やマイナス金利政策、イールドカーブ・コントロールなどがあ... 詳しく見る

    • No:1226
    • 公開日時:2019/03/29 12:00
    • カテゴリー: 金融政策
  • FOMC

    FOMC(Federal Open Market Committee、米国連邦公開市場委員会)は、米国の政策金利であるフェデラルファンド(FF)レートの誘導目標や、これを達成するための公開市場操作の方針を決定する、最高意思決定機関委員会である。日本銀行の「金融政策決定会合」、欧州中央銀行の「ECB政策理事会」に相... 詳しく見る

    • No:1225
    • 公開日時:2019/03/29 11:18
    • カテゴリー: 金融政策
  • FRB

    FRB(Federal Reserve Board、連邦準備制度理事会)は、米国の中央銀行制度であるFRS(Federal Reserve System、連邦準備制度)の最高意思決定機関である。FRSにおいては、12の主要都市に散在する連邦準備銀行(Federal Reserve Bank)をFRBが統括している... 詳しく見る

    • No:1224
    • 公開日時:2019/03/29 11:17
    • カテゴリー: 金融政策
  • 金融政策決定会合

    金融政策決定会合とは、日本銀行の最高意思決定機関である政策委員会の会合のうち、金融政策の運営に関する事項を審議・決定する会合である。9人の委員(総裁、2人の副総裁、6人の審議委員)で構成され、年8回開催されている。 金融政策決定会合では、①金融市場調節方針、②基準割引率、基準貸付利率および預金準備率、③金融政... 詳しく見る

    • No:1223
    • 公開日時:2019/03/29 11:16
    • カテゴリー: 金融政策
  • デフレ時代の糊代

    デフレ時代の糊代とは、デフレ・スパイラルを回避するため、デフレ・ショックに対する糊代(safety margin)として、予め、若干高めにインフレ率を設定しておくという考え方である。 例えば、インフレ率を0%とした状態で、デフレ・ショックが発生したとき、名目賃金に下方硬直性が存在するならば、名目賃金を引き下げ... 詳しく見る

    • No:1222
    • 公開日時:2019/03/29 11:13
    • カテゴリー: 金融政策
  • 中立金利

    中立金利とは、実際の生産量が潜在的な生産量に一致するときの実質金利を意味し、自然利子率、均衡実質金利とも呼ばれる。 実質金利が中立金利を上回ると、実際の生産量が潜在的な生産量を下回るため、経済にデフレ圧力が生じる。一方、実質金利が中立金利を下回ると、実際の生産量が潜在的な生産量を上回るため、経済にインフレ圧力... 詳しく見る

    • No:1221
    • 公開日時:2019/03/29 11:08
    • カテゴリー: 金融政策
  • 即時グロス決済

    即時グロス決済(Real Time Gross Settlement、RTGS)とは、支払指図を発した時点で、その都度、1件ごとに直ちに決済を行う方式を意味する。 決済不履行の影響が支払指図相手方に限定されるので、システミック・リスクは小さいが、必要な流動性は大きくなるため、他行からの受け取りを待って支払いを... 詳しく見る

    • No:1220
    • 公開日時:2019/03/29 11:07
    • カテゴリー: 金融政策
  • 時点ネット決済

    時点ネット決済(Designated Time Net Settlement、DTNS)とは、決済の時点を予め決めておき、支払指図をやりとりして、ネットの受払金額を計算、その決済時点が到来した段階で、ネットの受払金額を決済する方式を指す。 流動性を節約できるメリットを持つが、決済不履行の影響が他行にも及ぶため... 詳しく見る

    • No:1219
    • 公開日時:2019/03/29 11:07
    • カテゴリー: 金融政策
  • インフレーション

    インフレーションとは、経済全体の財やサービスの価格の平均値を表す物価水準が、ある程度の期間、持続的に上昇する現象を意味する。したがって、特定の個々の財やサービスの価格が上昇する場合や、消費税の導入などによって物価水準がジャンプする場合は、インフレーションとは呼ばない。日本語ではインフレと略される。 典型的には... 詳しく見る

    • No:1218
    • 公開日時:2019/03/29 11:04
    • カテゴリー: 金融政策
  • 信用経路

    信用経路(Credit Channel)とは、金融政策効果波及経路の1つであり、政策金利の変化が、信用(銀行貸出)の変化を通じ、総需要、さらには、物価水準に影響を与える経路を意味する。信用経路には、「銀行貸出経路」と「バランス・シート経路」がある。 銀行貸出経路は、銀行の貸出資金調達能力が限られており、銀行貸... 詳しく見る

    • No:1217
    • 公開日時:2019/03/29 11:59
    • カテゴリー: 金融政策

130件中 71 - 80 件を表示