• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

伊藤レポート

6件中 1 - 6 件を表示

1 / 1ページ
  • 伊藤レポート

    伊藤レポート(Ito Review)とは、2014年8月に公表された、伊藤邦雄一橋大学教授(当時)を座長とした、経済産業省の「『持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~』プロジェクト」の最終報告書の通称である。 企業が投資家との対話を通じて持続的成長に向けた資金を獲得し、企業価値... 詳しく見る

    • No:319
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2018/03/16 17:45

  • 金融庁

    金融庁は、金融監督庁を前身とする日本の行政機関の1つであり、内閣府の外局である。金融庁の機能は、①金融制度に関する企画立案、②銀行や証券会社などの金融機関に対する検査・監督、③金融・資本市場における取引ルールの設定・監視、④企業会計基準の設定と公認会計士などの監督などである。これらの機能を通じて、金融の安定を確保... 詳しく見る

    • No:323
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2018/03/13 22:55
  • コーポレートガバナンス・コード

    コーポレートガバナンス・コード(Corporate Governance Code)とは、実効的なコーポレートガバナンスの実現に資する主要な原則を取りまとめたものである。東京証券取引所の有価証券上場規定の別添として定められ、2015年6月から適用されている。 日本企業は長らく取締役が経営の実施とその監督業務を兼... 詳しく見る

    • No:322
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2018/02/20 17:00
  • スチュワードシップ・コード

    スチュワードシップ・コード(Stewardship Code)とは、機関投資家の行動規範のことである。2010年に、英国ではじめて導入された。日本では、英国のコードを参考に、「『責任ある機関投資家』の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」が策定され、2014... 詳しく見る

    • No:321
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2018/03/14 18:46
  • 企業価値

    一般に企業価値(Firm Value)とは、企業が将来生み出すキャッシュ・フローの現在価値のことである。各期間で企業が生み出すキャッシュ・フローを、そのキャッシュ・フローにかかる割引率で割り引き、ある任意の時点における価値にそろえ、それを合計することで企業価値が算定できる。 ただし、「誰にとっての」企業価値か、... 詳しく見る

    • No:320
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2018/03/12 16:37
  • 機関投資家

    機関投資家(Institutional Investors)とは、保険会社、投資信託、年金基金など、顧客から委託・拠出された資金を有価証券によって運用する法人投資家のことである。 一般的に機関投資家は多額の資金を投資しており、常に市場や投資先企業に目を向けているとされ、個人投資家と比較して、洗練された投資家と... 詳しく見る

    • No:231
    • 公開日時:2018/02/04 01:21
    • 更新日時:2018/03/13 20:21

6件中 1 - 6 件を表示