• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

銀行の財務諸表

5件中 1 - 5 件を表示

1 / 1ページ
  • 特定取引収益

    特定取引収益とは、有価証券などの市場取引やデリバティブ取引などの特定取引勘定で行われる業務を通じて得られる実現利益や、みなし決算の結果生じる評価益などのことであり、損益計算書における経常収益の項目に含まれる。 これに対し、特定取引勘定で行われる業務を通じて生じた費用は、特定取引費用と呼ばれる。有価証券などの... 詳しく見る

    • No:2175
    • 公開日時:2020/03/27 09:34
  • 割引手形

    割引手形(Discount Bill)とは、商取引によって振り出された期日未到来の手形を割引の形式で銀行などが買い取るという貸出方法である。 ここでいう割引とは、割引の日から手形期日までの利息(割引料)を、銀行などが手形を買い取る際に差し引くことである。なお銀行の場合は、割引手形は貸借対照表の資産の部におけ... 詳しく見る

    • No:2174
    • 公開日時:2020/03/27 09:34
  • 不良債権

    不良債権(Bad Debt)とは、貸出先の業績不振等により、当初の約定通りの回収が困難になった債権のことである。具体的には、経営が破綻あるいは実質的に破綻している、または破綻する危険がある貸出先の債権が不良債権である。 不良債権の増加は、債権者である金融仲介機関の健全性を損なう可能性があるため、金融仲介機関... 詳しく見る

    • No:2171
    • 公開日時:2020/03/27 09:34
  • 役務取引等利益

    役務取引等利益とは、銀行の財務諸表の項目である役務取引等収益から役務取引等費用を差し引いたものである。具体的には、為替取引、信託販売、保険販売やシンジケートローン組成などのサービスを提供することによって得られる手数料から、それらのサービスを提供するためにかかるコストを差し引いたものである。 詳しく見る

    • No:2021
    • 公開日時:2019/12/25 09:46
  • 資金運用収益

    資金運用収益とは、銀行の財務諸表において、貸出金利息や有価証券利息配当金やコールローン利息など、資金運用を通じて得られる収益のことであり、損益計算書における経常収益の項目に含まれる。また、このような資金運用業務を行うにあたって発生する費用は資金調達費用と呼ばれており、経常費用の1つとして損益計算書に記入される。具... 詳しく見る

    • No:2020
    • 公開日時:2019/12/25 09:46
    • 更新日時:2020/03/12 12:48

5件中 1 - 5 件を表示