• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1144
  • 公開日時 : 2018/09/27 15:33
  • 印刷

裁定価格理論

裁定価格理論
カテゴリー : 

回答

裁定価格理論(Arbitrage Pricing Theory、APT)とは、裁定による収益機会が発生しないように、資産のリスク・プレミアムを決定する理論のことである。
 
この理論の前提として、資産のリターンが、いくつかの系統的要因(ファクター)と、その他の当該資産に固有の要因とに分解できることがある。ここから、当該資産のリスク・プレミアムが、ファクターのリスク・プレミアム(Market Price of Risks)と当該資産のリターンのファクターに対する感応度(Quantity of Risks)の積によって導かれる。具体的には、下記式で表される。裁定価格理論はFama-French 3ファクターモデルなどの理論的基礎となっている。

【式】
裁定価格理論の式

あわせて閲覧されているワード