• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1153
  • 公開日時 : 2018/09/27 15:31
  • 印刷

買入債務

買入債務
カテゴリー : 

回答

買入債務(Trade Payables)とは、買掛金と支払手形などの総称である。
 
企業は商品を仕入れて(買い入れて)直ちに代金を支払わず、買掛金や支払手形という形で相手企業に支払を猶予してもらい、後日、決済を行うことがある。代金の決済が行われるまで、買い手である企業は売り手企業から資金を借りていることになる。このため、買掛金や支払手形は買入債務と呼ばれる。
 
例えば、企業Aが商品を企業Bから購入し、3ヵ月の後にこの代金を現金で支払う取引を行ったとする。この場合、企業Aは買掛金を計上する。このとき、現金を支払うまでの3ヵ月間は、買掛金を計上している企業Aは、購入先である企業Bから信用供与を受けていることになる。

あわせて閲覧されているワード