• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1202
  • 公開日時 : 2019/03/29 11:52
  • 印刷

IPO

回答

IPO(Initial Public Offering、株式公開)とは、未公開企業が自社の株式を証券取引所に上場させ、不特定多数の投資家が取得し、株式市場で自由に売買できるようになることである。

企業の株式公開では、既存株主の持ち分の売出し、または新たに公募増資を行う。この時の売出し・公募増資において付される株価を公開価格という。

一般に、IPOを行う企業にとってのIPOのメリットとしては、企業の資金調達手段の多様化、株式の流動性の増大、企業の知名度・社会的信用の向上、資本市場のモニタリングを通じた規律付けなどが挙げられる。

反対に、IPOを行う企業にとってのIPOのデメリットとしては、株式公開における監査費用、引受費用などを監査法人、主幹事証券会社に支払う直接コストがある。また、公開企業としてディスクロージャーの充実や内部管理体制の確保が必要となるなどの間接コストもある。

投資家がIPOされた株式へ投資する場合、流通市場においての株式の価格と公開価格には差が生じる可能性がある。公開価格よりも高くなる場合には、投資家は収益が得られる機会を獲得する一方で、公開価格よりも低くなる場合には、損失を被る可能性がある。

あわせて閲覧されているワード