• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1246
  • 公開日時 : 2019/03/29 11:33
  • 更新日時 : 2019/09/05 16:29
  • 印刷

ブレトン・ウッズ体制

ブレトン・ウッズ体制
カテゴリー : 

回答

ブレトン・ウッズ体制(Bretton Woods System)とは、1944年7月に連合国通貨金融会議(45か国参加)において締結され、1945年に発効した「ブレトン・ウッズ協定」に基づいた第2次世界大戦後の国際通貨制度を意味する。

そこでは、米ドルを資本主義国の基軸通貨とし、金1オンス=35ドルと定め、ドルと金との兌換を保証した上で、米国以外の各国は自国通貨を米ドルに対し固定する「金為替本位制度(金ドル本位制度)」が採用された。

なお、円については、1949年以降、ドッジ・プランの一環として、1ドル=360円(変動幅±1%)という公定相場が設定された。ブレトン・ウッズ体制は、1971年8月のニクソン・ショックにおける「金・ドル交換停止」によって事実上崩壊した。
 

あわせて閲覧されているワード