• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1263
  • 公開日時 : 2019/03/29 10:56
  • 印刷

預金準備率操作

預金準備率操作
カテゴリー : 

回答

預金準備率操作とは、預金準備率を上下させることにより、市中銀行の貸出量を調節し、マネー・ストックを調整する金融政策手段である。支払準備率操作ともいう。
 
例えば、預金準備率を引き下げると、銀行は受け入れた預金の多くの割合を貸出に回せるようになるため、景気を刺激する金融緩和効果を持つ。
 
なお、日本においては、1991年以降、預金準備率操作は行われていない。

あわせて閲覧されているワード