• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1286
  • 公開日時 : 2019/03/29 11:27
  • 印刷

相対的購買力平価

相対的購買力平価
カテゴリー : 

回答

相対的購買力平価(Relative Purchasing Power Parity)とは、為替相場決定理論の1つで、自国通貨建て為替相場変化率は自国と外国のインフレ率格差に等しくなるという考え方を意味する。これは、絶対的購買力平価式を変化率の形で表したものである。

例えば、t期(今年)からt+1期(1年後)にかけての円/ドル為替相場の変化率は、下記式で表される。

【式】
相対的購買力平価の式
上記式は、円/ドル為替相場変化率=日本のインフレ率-米国のインフレ率となることを意味する。

あわせて閲覧されているワード