• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2179
  • 公開日時 : 2020/03/27 09:35
  • 更新日時 : 2020/05/15 20:49
  • 印刷

政策保有株式

政策保有株式
カテゴリー : 

回答

政策保有株式(Cross-Shareholdings)とは、企業が他社との営業上の関係などを構築・維持するために保有している株式のことである。複数の企業や金融機関が相互に政策保有株式を保有している場合には、株式持ち合いと呼ぶ。
 
かつては日本企業の慣行として、株式持ち合いが普及していた。これは、敵対的買収の防衛策 (買収防衛策) や営業上の関係などを構築・維持することが目的とされてきたためである。しかし、1990年代以降、企業改革の流れで持ち合い解消が進み、政策保有株式は減少傾向にある。
 
政策保有株式の保有は、企業の経済合理性や株主のモニタリングの有効性を損ねる懸念があることから、コーポレートガバナンス・コードでは、政策保有株式を保有している理由を明確に説明すべきである、としている。

あわせて閲覧されているワード