• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 249
  • 公開日時 : 2018/02/04 01:21
  • 更新日時 : 2018/03/19 18:06
  • 印刷

配当政策

配当政策
カテゴリー : 

回答

配当政策(Dividend Policy)とは、ペイアウト政策の1つであり、配当を通じた株主還元について企業が採用する方針のことである。

現金配当には普通配当、記念配当、特別配当が存在する。例えば、普通配当は企業が生み出した利益を源泉として決算期ごとに株主へ支払われる配当のことをいう。なお、1株を複数の株式に分割する株式分割が行われた場合、株主の保有株数は増加することになる。1株当たりの配当が変更されない場合は、実質的な増配となる。

配当は株主の権利の1つであるが、その株主の権利が確定するには、「権利付き最終日(権利取り日)」、「権利落ち日」、「権利確定日」という3つのプロセスを経ることになる。「権利確定日(下記の図では30日)」とは、株主の権利が確定する日である。株主の権利確定のためには、「権利付き最終日(下記の図では27日)」に株式を保有している必要がある。言い換えると、「権利落ち日(下記の図では28日)」に株式を購入しても株式の権利を受け取ることはできない。
 
配当政策_fig1

あわせて閲覧されているワード