• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 255
  • 公開日時 : 2018/02/04 01:21
  • 更新日時 : 2018/03/01 09:57
  • 印刷

配当性向

配当性向
カテゴリー : 

回答

配当性向とは、当期純利益に対する配当総額の割合のことであり、当該決算期において利益がどれくらい配当という形で株主に還元されたかを表している。配当性向の計算は下記式の通りである。

配当性向_fig1

配当の水準を決めることは、当期純利益のうち、すぐには株主に還元されることのない内部留保の水準を決める側面を持つ。配当性向の高い企業は、当該期に得た多くの利益を配当という形で株主に還元している企業であることを意味する。配当性向の低い企業は、当該期に得た利益のうち、配当による株主還元が少なく、一方で内部留保の割合を多くしている企業であることを意味している。なお、株主への還元が多い(少ない)ことは、設備投資などに使用できる資金(内部留保)の蓄積が少なく(多く)なる可能性があり、配当性向の大小で企業の優劣をはかることができない。

配当支払総額に自社株買い総額を合計し、当期純利益に占める割合を表す総還元性向も存在する。

あわせて閲覧されているワード