• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 316
  • 公開日時 : 2018/02/04 01:26
  • 更新日時 : 2018/03/13 17:28
  • 印刷

会計的利益調整

会計的利益調整
カテゴリー : 

回答

会計的利益調整(Accrual Earnings Management)とは、利益調整の中でも、発生主義会計上の処理を利用したり、会計数値の見積もりを変更したりすることで事後的に利益数値を変更することである。
 
発生主義会計では、会計項目の認識や会計数値の測定に関して、経営者に裁量を与えている。例えば、減価償却の償却方法や資産の耐用年数を変更することによって費用の額を変化させることができる。ほかにも、債権のリスクに関する予想を変えることで、計上しなければならない貸倒引当金の金額を変化させることができる。
 
学術研究においては、アクルーアルズやアクルーアルズの中でも裁量によって計上されていると考えられる部分を会計的利益調整の代理変数として用いている。

あわせて閲覧されているワード