• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 72
  • 公開日時 : 2018/02/04 00:20
  • 更新日時 : 2019/11/13 09:32
  • 印刷

信用取引

信用取引
カテゴリー : 

回答

信用取引とは、顧客が証券会社に預けてある株式などを担保にしたり、委託保証金を差し入れることによって、証券会社から投資資金や株式を借りて売買する取引形態のことである。
 
株式や保証金などの担保評価額の約3.3倍まで株式の取引が可能となり、また、株式を保有していなくても空売り(信用売り)を行うことができる。このため、相場が思惑通りに振れた場合にはてこの原理により利益を大きく生じさせることができる一方、思惑と逆の方向に振れた場合には、追加保証金(追証)が発生し、投資元本を割り込む場合もある。
 
信用取引には、金融取引所により取引銘柄や返済期限などが決められている「制度信用取引」と、取引銘柄や返済期限などを投資家と証券会社が相対で決めて取引を行う「一般信用取引」がある。
 

あわせて閲覧されているワード