• No : 274
  • 公開日時 : 2018/02/04 01:23
  • 更新日時 : 2018/03/15 16:02
  • 印刷

クリーンサープラス関係

クリーンサープラス関係
カテゴリー : 

回答

クリーンサープラス関係(Clean Surplus Relationship)とは、貸借対照表上の株主に帰属する持分の期首から期末にかけての変化額が、損益計算書上の株主に帰属する持分の変化を示す利益及び資本取引の合計額と一致する関係を指す。
 
1つの例が、株主資本の増減が、親会社株主に帰属する当期純利益から配当を差し引いたものと一致する関係である。これが成り立っている場合に限って、残余利益モデルと配当割引モデルが一致する。