• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

経済・規制・制度

174件中 161 - 170 件を表示

17 / 18ページ
  • ラスパイレス指数

    ラスパイレス指数(Laspeyres Index)とは、基準年の財の数量をウェイトとして使用した価格指数のことである。ラスパイレス指数は、基準年の消費を現在行ったとした場合、基準年に比べてどれだけ変動するのかを表す指標である。消費者物価指数 がラスパイレス指数の例である。 これに対して、パーシェ指数とは、現在の... 詳しく見る

    • No:355
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:26
    • カテゴリー: 経済指標
  • GDPデフレーター

    GDPデフレーター(GDP Deflator)とは、名目GDPを実質GDPで割ることによって算出される数値であり、物価変動をとらえるために用いられるパーシェ指数である。 GDPデフレーターと消費者物価指数は、ともに物価変動を示した指標であるが、GDPが国内で生産されたすべての財とサービスの付加価値の合計であるこ... 詳しく見る

    • No:354
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:25
    • カテゴリー: 経済指標
  • ストック指標

    ストック指標(Stock Index)とは、ある特定の時点で蓄積されている量を示した指標である。例えば、日本銀行が毎月公表しているマネーストックは、その時点で金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量を表すストック指標である。これに対して、ある期間に変動した量を示している指標のことをフロー指標という。 ... 詳しく見る

    • No:353
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:25
    • カテゴリー: 経済指標
  • フロー指標

    フロー指標(Flow Index)とは、ある期間に変動した量を示している指標である。例えば、GDPはある期間(年間・四半期)における国や地域で生産された財とサービスの付加価値の合計を表すフロー指標である。これに対して、ある特定の時点で蓄積されている量を示した指標のことをストック指標という。 関連用語 ... 詳しく見る

    • No:352
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:25
    • カテゴリー: 経済指標
  • 消費者信頼感指数

    消費者信頼感指数(Consumer Confidence Index、CCI)は、消費者が現状と将来の経済動向について、楽観的に考えているか悲観的に考えているかを調査した経済指標である。アメリカのシンクタンク「コンファレンス・ボード(全米産業審議会)」やミシガン大学が発表しているものが有名である。 消費者が楽... 詳しく見る

    • No:351
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:25
    • カテゴリー: 経済指標
  • ISM製造業・非製造業景況指数

    ISM製造業・非製造業景況指数(ISM[Institute for Supply Management]Manufacturing・Non-Manufacturing Index)とは、アメリカの製造業と非製造業の景況感に関するアンケート調査に基づく経済指標である。米国供給管理協会(ISM)が製造業と非製造業の購... 詳しく見る

    • No:350
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:25
    • カテゴリー: 経済指標
  • 消費者物価指数

    消費者物価指数(Consumer Price Index、CPI)とは、消費者が購入する財やサービスの価格の動向を示す指標である。総務省が毎月公表している。この値は、基準年を100として現在の物価が基準年よりどの程度変化したかを見ることができる。日本では、天候の影響を受けやすい生鮮食品を除いた物価指数を「コアCP... 詳しく見る

    • No:349
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 16:23
    • カテゴリー: 経済指標
  • 米国雇用統計

    米国雇用統計(Current Employment Statistics)とは、米国における完全失業率や就業者数を調査した統計指標である。米国労働省労働統計局が毎月第1金曜日に発表している。このうち、失業率と非農業部門就業者数は注目度が高く、株価をはじめとする資産価格や政策の意思決定に大きな影響を与えている。 ... 詳しく見る

    • No:348
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/10/02 09:51
    • カテゴリー: 経済指標
  • 有効求人倍率

    有効求人倍率(Ratio of Job Openings to Job Seekers)とは、有効求職者数に対する有効求人数の比率のことを指す。その月の求職者1人に対して、どれだけの求人があるのかを示す指標であり、労働市場の需給動向を示している。厚生労働省が毎月発表する一般職業紹介状況(職業安定業務統計)の中で公... 詳しく見る

    • No:347
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:24
    • カテゴリー: 経済指標
  • 完全失業率

    完全失業率(Unemployment Rate)とは、労働力人口に対する完全失業者の割合のことである。総務省が毎月発表する「労働力調査」の中で公表されている。この値は労働需給を通じた景気動向を示す指標として用いられる。ここでいう労働力人口とは、15歳以上の人口のうち、働く意思のある人のことを指し、学生や高齢者など... 詳しく見る

    • No:346
    • 公開日時:2018/02/04 01:27
    • 更新日時:2019/09/05 14:24
    • カテゴリー: 経済指標

174件中 161 - 170 件を表示