• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

ガバナンス

48件中 1 - 10 件を表示

1 / 5ページ
  • ペイアウト政策

    ペイアウト政策(Payout Policy)とは、株主還元について企業が採用する方針のことである。具体的に、ペイアウト政策は、配当を通じた株主還元に関する方針である配当政策と、既存株主からの発行済み株式の買い取りを行う自社株買いの2つにわけられる。株主に対して自社の製品などを提供する株主優待が日本において多く行わ... 詳しく見る

    • No:248
    • 公開日時:2018/02/04 01:21
    • 更新日時:2018/03/13 22:10
    • カテゴリー: ペイアウト政策

  • ディスクロージャー

    ディスクロージャー(Disclosure、 情報開示)とは、企業による私的情報開示のことである。金融の文脈では、金融商品取引法にもとづく情報開示を指すことが多い。ディスクロージャーには情報の非対称性などから生じる問題を解決する機能が期待されており、金融システムを支える重要な要素である。 法令等で開示が要請... 詳しく見る

  • 株式所有構造

    株式所有構造(Ownership Structure)とは、その企業の株式を誰がどのように保有しているのかを示すものであり、株主集中度と株主構成が注目されることが多い。株主集中度は個々の株主の所有割合や所有株式数から株式所有構造を示すものであり、株主構成は株主の属性に注目し、株主構成を所有主体別に分類して区別し... 詳しく見る

  • エージェンシー仮説

    エージェンシー仮説(Agency Hypothesis)とは、主に株主と経営者の間の利害が一致しないことで、経済的なコストであるエージェンシー・コストが発生すると考える仮説のことである。 例えば、所有と経営の分離により、株主と経営者の間で利害対立が生じる可能性がある。利害対立が生じる場合、経営者に株主の利潤最... 詳しく見る

  • エージェンシー問題

    エージェンシー問題(Agency Problem)とは、依頼人(Principal、プリンシプル)と代理人(Agent、エージェント)の間に生じる利害対立問題のことをいう。 代理人が依頼人の意向通りに業務を遂行するとは限らないことから生じる非効率性を、エージェンシーコストと呼ぶ。企業の株主(依頼人)と経営... 詳しく見る

  • ROE

    ROE(Return on Equity、株主資本利益率)とは、元手となる株主資本に対して企業の利益がどれだけ効率的に利用されたのかを測るために、企業利益を期首の株主資本(注)で割って算出される収益性の指標である。 株主資本の変化額は、親会社株主に帰属する当期純利益が対応する。このROEが株主の要求最低利... 詳しく見る

  • 資産代替問題

    資産代替問題(Asset Substitution Problem)とは、債務者である企業の収益に対する請求権の構造が債権者間で異なることによって生じるエージェンシー問題の1種であり、リスク・シフティング(Risk-Shifting)ともよばれる。 例えば、社債権者と株主(両者ともプリンシパル)が経営者(... 詳しく見る

  • ストック・オプション

    ストック・オプション(Stock Option)とは、企業の経営者や従業員にインセンティブ報酬として付与される自社の株式を購入できる権利、すなわち新株予約権のことをいう。 企業業績が好調で、株価が上昇する場合には、ストック・オプションを付与された者は、ストック・オプションの権利を行使し、株価と行使価格の差額を... 詳しく見る

  • 経営者報酬

    経営者報酬とは、企業経営者の報酬のことをいう。 経営者報酬は、固定報酬と業績に基づくインセンティブ報酬の大きく2つにわけられる。業績に基づくインセンティブ報酬には、賞与やストック・オプションなどがある。 日本取締役協会の「投資家との対話委員会」は、2005年より「経営者報酬ガイドライン」を公表してい... 詳しく見る

  • 安定株主

    安定株主とは、企業の業績や株価の動きに左右されず、長期にわたって当該企業の株式を保有し続ける株主のことである。 日本では、1960年代半ばから1970年代初頭にかけて資本自由化が進められた。この時、海外資本の流入、特に海外企業による資本進出を認める自由化が段階的に行われた。当時、日本企業の海外資本の流入に対... 詳しく見る

48件中 1 - 10 件を表示