• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

経済・規制・制度

174件中 71 - 80 件を表示

8 / 18ページ
  • 手形市場

    手形市場とは、インターバンク市場の1つで、手形を媒介に金融機関が相互に資金を融通する市場である。 銀行が企業に資金を貸し出す場合、企業が銀行を受取人とする約束手形を振り出すことがある。受取人(銀行)は、満期になれば企業から資金を回収できるが、満期前にその手形を他の金融機関に売却することで、資金を調達するこ... 詳しく見る

    • No:1310
    • 公開日時:2019/06/28 13:31
    • 更新日時:2019/09/05 16:32
    • カテゴリー: 金融政策
  • コール市場

    コール市場とは、インターバンク市場の1つで金融機関が手元資金の余剰や不足を調整する超短期間(通常1か月未満)の取引が行われる市場である。取引は無担保と有担保があり、当日借りて翌日返す「無担保コール翌日物」が代表的取引となっている。コールの名称は、“money at call (呼べば直ちに戻ってくる資金)”に由来... 詳しく見る

    • No:1309
    • 公開日時:2019/06/28 13:31
    • 更新日時:2019/09/05 14:53
    • カテゴリー: 金融政策
  • インターバンク市場

    インターバンク市場とは、短期金融市場の1つで、金融機関が相互に日々の短期的な資金の過不足を調整する市場である。取引参加者は、銀行(中央銀行を含む)、信用金庫、証券会社、保険会社、短資会社など、金融機関に限定され、「銀行間取引市場」とも呼ばれる。インターバンク市場には、コール市場と手形市場がある。 関連用... 詳しく見る

    • No:1308
    • 公開日時:2019/06/28 13:31
    • 更新日時:2019/09/05 14:53
    • カテゴリー: 金融政策
  • 短期金融市場

    短期金融市場とは、満期あるいは条件付売買期間が1年以内の市場取引型の資金取引が行われる市場であり、「マネー・マーケット」とも呼ばれる。金融機関のみが参加できるインターバンク市場と、金融機関以外の事業法人なども参加できるオープン市場がある。 一方、1年超の市場取引型の資金取引が行われる市場は、「長期金融市場」... 詳しく見る

    • No:1307
    • 公開日時:2019/06/28 13:32
    • 更新日時:2019/09/05 14:53
    • カテゴリー: 金融政策
  • 金融政策

    金融政策(Monetary Policy)とは、通貨当局が行う金融面からの経済政策であり、財政政策とならぶマクロ経済政策の柱である。物価(通貨価値)の安定、適切な雇用水準の維持(景気の安定)、為替相場の安定など、経済のいくつかの側面を望ましい方向に誘導したり、あるいは望ましい状態を維持したりしようとする政策であ... 詳しく見る

    • No:1296
    • 公開日時:2019/03/29 12:08
    • 更新日時:2019/10/04 12:04
    • カテゴリー: 金融政策

  • マイナス金利政策

    マイナス金利政策とは、2016年1月に日本銀行が採用した非伝統的金融政策の1つである。2013年4月に導入された量的・質的金融緩和政策を補強する「マイナス金利付き量的・質的金融緩和政策」であり、3次元QQEとも呼ばれる。 具体的には、日本銀行当座預金を「基礎残高」、「マクロ加算残高」、「政策金利残高」の3... 詳しく見る

    • No:1295
    • 公開日時:2019/03/29 12:10
    • 更新日時:2019/09/05 15:56
    • カテゴリー: 金融政策
  • テイラー・ルール

    テイラー・ルール(Taylor Rule)とは、1993年にアメリカの経済学者ジョン・ブライアン・テイラーが提唱した金融政策ルールの1つであり、インフレ率やGDPギャップ(実際のGDPと潜在的GDPの差)などの経済変数の変化に対し、政策金利をどの水準に設定すればよいかを示した関係式である。 まず、テイラー... 詳しく見る

    • No:1294
    • 公開日時:2019/03/29 12:10
    • 更新日時:2019/07/13 15:03
    • カテゴリー: 金融政策
  • 金融政策効果波及経路

    金融政策の効果波及経路とは、政策金利の変化が、中長期金利、資産価格、為替相場、銀行の貸出金利などといった、金融市場条件の変化を通じ、消費、投資、純輸出などの総需要の変化、さらには、一般物価水準を変化させる経路を意味する。 主な金融政策効果波及経路として、「金利経路」、「資産価格経路」、「為替相場経路」、「... 詳しく見る

    • No:1293
    • 公開日時:2019/03/29 12:09
    • 更新日時:2019/09/25 16:57
    • カテゴリー: 金融政策
  • 為替介入

    為替介入(外国為替市場介入)とは、通貨当局が、外国為替市場における需要・供給の関係を通じ自国通貨の為替相場に影響を与えることを目的として、外国為替市場で直接的に外国為替取引を行うことを意味する。正式名称は「外国為替平衡操作」という。 為替介入の目的には、為替相場の急激な変動を抑え為替相場の安定化させること... 詳しく見る

    • No:1292
    • 公開日時:2019/03/29 11:51
    • 更新日時:2019/09/05 16:31
    • カテゴリー: 外国為替取引
  • 国際収支

    国際収支(Balance of Payments)とは、一国の居住者が一定期間内において諸外国の居住者との間で行うすべての経済取引をまとめたものを意味する。国際収支は、経常収支、資本移転等収支、金融収支の3つの大項目からなり、恒等的に、経常収支+資本移転等収支-金融収支+誤差脱漏=0、という関係式が成立する。な... 詳しく見る

    • No:1291
    • 公開日時:2019/03/29 11:35
    • 更新日時:2019/09/05 14:52
    • カテゴリー: 外国為替取引

174件中 71 - 80 件を表示