• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

経済・規制・制度

203件中 21 - 30 件を表示

3 / 21ページ
  • プラザ合意

    プラザ合意(Plaza Agreement)とは、1985年9月、アメリカのプラザ・ホテルで開催された先進主要5か国(アメリカ、イギリス、西ドイツ、フランス、日本)の財務相・中央銀行総裁会議における合意を意味する。 1980年代前半、アメリカは、財政収支赤字と貿易収支赤字という「双子の赤字」に直... 詳しく見る

  • ルーブル合意

    ルーブル合意(Louvre Agreement)とは、1987年2月にパリのルーブル宮殿で開催された先進7か国財務大臣・中央銀行総裁会議で、プラザ合意以降の過度なドル安を是正し、為替相場を安定化させることに対する合意を意味する。実際には、この合意にもかかわらず、ドル安は是正されなかった。 ... 詳しく見る

  • スミソニアン合意

    スミソニアン合意(Smithsonian Agreement)とは、1971年12月18日にスミソニアン博物館で開催された先進主要10か国による会議において締結された協定を意味する。 これは、1971年8月のニクソン・ショックにより混乱に陥った外国為替市場の安定を図ったもので、金とアメリカ・ドル... 詳しく見る

  • 金本位制度

    金本位制度(Gold Standard)とは、その国の貨幣を金貨とし、流通、自由鋳造、自由融解を認め、無制限の通用力を与える制度である。 しかし、実際には、流通に足りる金貨が十分でない、持ち運びが不便、使用により磨耗するなどの理由により、金貨を流通させられない場合が多い。このため、通貨当局が金地金と... 詳しく見る

  • 協調介入

    協調介入(Coordinated Intervention)とは、為替介入において、複数の国の通貨当局が同時に介入を行う方式を意味する。 協調介入が行われる場合、民間部門は、通貨当局間で目標とする為替レートについての認識が一致しており、将来、金融政策協調が行われる環境が整っているというシグナルを... 詳しく見る

  • ポートフォリオ・バランス効果

    為替介入におけるポートフォリオ・バランス効果(Portfolio Balance Effect)とは、通貨当局の為替介入によりポートフォリオ・バランス(ここでは、自国通貨建て債券の保有額に対する外国通貨建て債券の保有額の比率)が崩れた投資家が、ポートフォリオを再調整しようとする結果、為替レートに与える効果を意... 詳しく見る

  • シグナリング効果

    為替介入におけるシグナリング効果(Signaling Effect)とは、通貨当局が為替介入を行ったという情報から、民間部門が通貨当局の目標とする為替レートの水準や将来の金融政策の方向性に関するシグナルを受け取る結果、為替レートが変化する効果を意味し、アナウンスメント効果とも呼ばれる。 例えば、... 詳しく見る

  • ポートフォリオ・バランス・モデル

    ポートフォリオ・バランス・モデル(Portfolio Balance Model)とは、為替相場決定理論におけるアセット・アプローチの1つで、経済主体がリスク回避的であるため、内外資産が不完全代替である状況を想定し、為替リスクを補うリスク・プレミアムの影響を考慮したモデルである。 経済主体がリス... 詳しく見る

  • 通貨オプション取引

    通貨オプション取引(Currency Option)とは、予め定められた権利行使期間に、予め定められた権利行使価格で、ある通貨を売買する権利の取引を意味する。 コール・オプションとプット・オプションの2種類があり、コール・オプションの買い(売り)は、原資産を権利行使価格で買う権利を買う(売る)こ... 詳しく見る

  • 通貨先物取引

    通貨先物取引(Currency Futures)とは、アメリカ・ドルやユーロなどの外国通貨を、将来の特定の時期に、特定の価格で売買することを、現時点で約定する取引を意味する。 類似の取引である先渡為替取引においては、約定日に約定額全額が受け渡されるのに対して、通貨先物取引は、証拠金方式に基いた差... 詳しく見る

203件中 21 - 30 件を表示