• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

オプション

26件中 21 - 26 件を表示

3 / 3ページ
  • ペイオフ

    デリバティブの文脈においては、ペイオフ(Pay Off)とはオプション取引などのデリバティブ取引における決済時(清算時)の損益のことを指す。 預金保険の文脈においては、ペイオフとは経営破綻した金融機関の預金者に対して、預金保険機構が経営破綻した銀行に代わって直接保険金を支払う仕組みのことを指す。原則として... 詳しく見る

    • No:1210
    • 公開日時:2019/03/29 11:57
  • オプション

    オプション(Option)とは、デリバティブの1種で、ある時点(満期日)までに、その時点での価格に関係なく、一定価格で原資産を買う権利、または売る権利を金融商品としたものである。 買う権利はコール・オプション、売る権利はプット・オプションと呼ばれる。満期日までにいつでも権利行使できるオプションをアメリカン... 詳しく見る

    • No:1278
    • 公開日時:2019/03/29 11:57

  • 時間的価値

    オプションの時間的価値(Time Value)とは、プレミアムから本源的価値を引いたものである。 オプションの保有者にとってオプションの満期日までの期間が長いほど、原資産価格がイン・ザ・マネーとなる確率が高くなり、そのオプションから得られるペイオフの期待値が高くなる。そのため、時間的価値は、満期日までの期間が... 詳しく見る

    • No:1279
    • 公開日時:2019/03/29 10:43
  • ターゲット・バイイング

    ターゲット・バイイング(Target Buying)とは、オプション取引の戦略の1つで、現在より低い価格(ターゲット価格)で買いたい原資産がある場合に、その購入目標価格を権利行使価格とするようなプット・オプションの売りポジションを持つことをいう。 プット・オプションを売ることで、投資家はまずプレミアムを得る。... 詳しく見る

    • No:1280
    • 公開日時:2019/03/29 10:47
  • ストラドル

    ストラドル(Straddle)とは、オプションによる取引戦略の1つで、同一限月で、同一の権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションをそれぞれ同じポジションで持つ戦略である。コール・オプションとプット・オプションをともに買いポジションで持つとき、ロング・ストラドルといい、売りポジションで持つとき、ショー... 詳しく見る

    • No:1281
    • 公開日時:2019/03/29 10:51
  • ストラングル

    ストラングル(Strangle)とは、オプションによる取引戦略の1つで、同一限月で、異なる権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションをそれぞれ組み合わせて持つポジションのことである。異なる権利行使価格のコール・オプションとプット・オプションを、買いポジションで同数持つことをロング・ストラングルといい、... 詳しく見る

    • No:1282
    • 公開日時:2019/03/29 10:52

26件中 21 - 26 件を表示