• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

債券の基礎

10件中 1 - 10 件を表示

1 / 1ページ
  • 優先出資証券

    優先出資証券とは、協同組織金融機関や特別目的会社(SPC)などが普通出資を補完するために発行する証券である。金融商品取引法上の有価証券として規定されている。 農林中央金庫、信用金庫などの協同組織金融機関は、「協同組織金融機関の優先出資に関する法律(優先出資法)」に基づき、自己資本の充実を図るため... 詳しく見る

    • No:2447
    • 公開日時:2021/06/01 17:07
  • 仕組債

    仕組債とは、一般的にデリバティブ(オプションやスワップ)を内包することにより、投資家や発行者のニーズに合わせたキャッシュ・フローの実現を目指した債券である。 仕組債の種類は多岐にわたり、内包するオプションの原資産である金利・為替・株価指数などの変動により、投資家の受け取る利息や償還時期・償還金額... 詳しく見る

    • No:2446
    • 公開日時:2021/06/01 17:06
  • CoCo債

    CoCo債(Contingent Convertible Bonds)とは、主に金融機関が発行する転換社債である。偶発転換社債とも呼ばれる。世界的な金融危機後、金融機関の自己資本規制が厳格化される流れの中で、資本強化手段の1つとして発行されている。 一般的にCoCo債は、発行体である金融機関の自... 詳しく見る

    • No:2445
    • 公開日時:2021/06/01 17:07
  • EB債

    EB債(Exchangeable Bond)とは、発行時に決められた対象銘柄(債券自体の発行体とは別)の株価の水準によって償還が現金もしくは対象銘柄の株式によって行われる債券である。他社株転換可能債とも呼ばれる。 特徴としては、通常の債券よりもハイリスクであるため、同一年限の通常の債券と比較して... 詳しく見る

    • No:2444
    • 公開日時:2021/06/01 17:06
  • ハイブリッド証券

    ハイブリッド証券とは、株式と債券の両方の性質を併せ持つ証券のことである。具体的には、劣後債(期限付き・永久)・優先出資証券などが該当する。 ハイブリッド証券は、債券と同じようにクーポンが定められており、満期や繰り上げ償還の際に額面にて償還する。投資家にとっては、法的弁済順位が普通社債に劣後するこ... 詳しく見る

    • No:2408
    • 公開日時:2021/02/26 16:09
  • イールド・カーブ

    イールド・カーブ(Yield Curve)とは、債券の残存期間(満期までの期間) と利回りの関係を表した曲線のことであり、利回り曲線ともいう。 イールド・カーブが右上がりのときを順イールドと呼び、長期金利は短期金利より高いことを意味する。その一方で、右下がりのときを逆イールドと呼び、長期金利は短期金利より低... 詳しく見る

    • No:2097
    • 公開日時:2019/12/25 09:46
    • 更新日時:2020/03/12 18:41
  • スティープニング

    スティープニング(Steepening、スティープ化)とは、短期金利と長期金利の金利差が大きくなり、イールド・カーブの傾きが急になることをいう。これに対して、短期金利と長期金利の差が小さくなり、イールド・カーブの傾きが緩やかになることをフラットニングという。 長期金利が短期金利よりも上昇し、イールド・カーブ... 詳しく見る

    • No:1898
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/12/11 16:33
  • フラットニング

    フラットニング(Flattening、フラット化)とは、短期金利と長期金利の金利差が小さくなり、イールド・カーブの傾きが緩やかになることをいう。これに対して、短期金利と長期金利の差が広がり、イールド・カーブの傾きが急になることをスティープニングという。 短期金利が長期金利よりも上昇し、イールド・カーブの傾き... 詳しく見る

    • No:1897
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/11/15 01:08
  • スポット・レート

    スポット・レート(Spot Rate)とは、割引債のように、投資時点(現在)と将来の一時点(回収時点)においてのみキャッシュ・フローが発生する場合に適用される金利で、将来のキャッシュ・フローの現在価値を求める際に用いられる。 【図】 スポット・レートは、割引債の最終利回りとして、以下の公式で求められる... 詳しく見る

    • No:1891
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/12/11 16:27
  • 金利の期間構造

    金利の期間構造(Term Structure of Interest Rates)とは、債券の残存期間(満期までの期間)と利回りの関係を表すものである。 債券の残存期間と利回りの関係は図1のような曲線であらわされ、この曲線はイールド・カーブと呼ばれる。イールド・カーブの形状は、経済状況や金融政策、財政政策... 詳しく見る

    • No:1890
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2020/02/25 15:05

10件中 1 - 10 件を表示