• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

先物取引・先渡取引

8件中 1 - 8 件を表示

1 / 1ページ
  • 値洗い

    値洗い(Mark to Market)とは、保有するポートフォリオを時価で再評価することをいう。特に、先物やオプションの取引においては、未決済のポジションを時価で再評価し、評価損益を証拠金などに反映することを指す。 値洗いにより証拠金の不足が生じた場合、顧客には追加証拠金の差し入れが求められる。 詳しく見る

    • No:1136
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • 建玉

    建玉(Open Interest、たてぎょく)とは、先物やオプションの取引などにおいて、まだ決済のされていない契約の総数を指す。決済されていない買いポジションのことを買建玉、決済されていない売りポジションを売建玉と呼ぶ。 詳しく見る

    • No:1135
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • ロールオーバー

    ロールオーバー(Rollover)とは、保有している先物やオプションなどを取引最終日前に1度決済し、次限月以降のポジションに乗り換えることを指す。 例えば、6月限の先物を買いポジションで持っている場合、6月の取引最終日より前にこのポジションを決済し、同じ銘柄の9月限や12月限の買いポジションを持つことであ... 詳しく見る

    • No:1134
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • 証拠金

    証拠金とは、差金決済による取引に際して、決済の履行を確実にするために顧客が担保として差し入れなければならない現金や有価証券(代用有価証券)である。差金決済における利益は証拠金に加算され、損失が発生した場合、証拠金から損失額が支払われる。 差金決済による取引では、現在のポジションが常に値洗いによって時価評価... 詳しく見る

    • No:1133
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • 反対売買

    反対売買とは、差金決済による取引において、当初とは反対の売買を行い、投資のポジションを解消することである。期日までに反対売買が行われなかった場合は、SQの値段で強制的に決済される。 詳しく見る

    • No:1132
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • 差金決済

    差金決済(Contract for Difference)とは、実際の商品の受渡しを行わずに、反対売買における売却代金と購入代金の差額の受渡しによって決済する方法である。 例えば、ある商品を1か月後に1,000円で売却する契約を結んだとする。1か月後、もし時価が900円であれば、差額の100円の利益を獲得... 詳しく見る

    • No:1131
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • SQ

    SQ(Special Quotation、特別清算指数)とは、株価指数に係る先物やオプションの取引において、決済期限までに差金決済による反対売買が行われなかった場合、決済が自動的に行われるが、その際に用いられる値段である。 この値段が算出される期日(SQ算出日)のことを、単にSQと呼ぶこともある。SQ算出... 詳しく見る

    • No:1130
    • 公開日時:2018/09/27 15:32
  • 先物取引・先渡取引

    先物取引(Future Contract)及び先渡取引(Forward Contract)とは、将来のあらかじめ定められた期日に、特定の商品を現時点で決めた価格で売買する契約を指す。 取引が取引所で行われ、差金決済による決済が行われる場合には、先物取引と呼ばれる。一方、取引が店頭で行われ、現物決済による決済... 詳しく見る

    • No:1129
    • 公開日時:2018/09/27 15:22

8件中 1 - 8 件を表示