• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

資産価格理論

125件中 81 - 90 件を表示

9 / 13ページ
  • インサイダー情報

    インサイダー情報(Insider Information)とは、企業の経営者などがもつ企業の未公開情報のことである。インサイダー情報による取引を行うことをインサイダー取引と呼ぶ。インサイダー取引は、情報の公平な利用の観点から金融商品取引法で禁止されている。 関連用語 効率的市場仮説 強度の効率性 詳しく見る

    • No:172
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 14:07
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • イベントスタディ

    イベントスタディ(Event Study)とは、企業に関連したイベント前後の株式の累積異常リターンの動きを検証することで、そのイベントの企業価値に与える影響や情報の効率性を検証する手法である。 企業価値に影響をもたらすイベントが発生したときには、そのイベントがなかったときのリターンに加えて、そのイベント分の追加... 詳しく見る

    • No:171
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/10/02 09:40
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • ランダムウォーク

    ランダムウォーク(Random walk)とは、将来の株価が過去の動きとは関係なく、ランダムに(確率的に)動くことを指す。したがって、株価がランダムウォークにしたがっているのであれば、投資家は将来の株価を予想することはできず、市場で勝ち続けることはできなくなる。 関連用語 効率的市場仮説 弱度の効率性 詳しく見る

    • No:168
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 16:19
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • 強度の効率性

    強度(ストロングフォーム)の効率性(Strong-form Efficiency)とは、すべての公開情報に加えて、企業の内部情報も市場価格に反映されていることを指す。 強度(ストロングフォーム)の効率性が成り立つときには、インサイダー情報を使っても株価を予測することはできない。現実の市場は強度(ストロングフォー... 詳しく見る

    • No:167
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 14:07
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • 準強度の効率性

    準強度(セミストロングフォーム)の効率性(Semi-strong Form Efficiency)とは、すべての公開情報が市場価格に反映されていることを指す。 準強度(セミストロングフォーム)の効率性が成り立つときには、財務指標やニュースリリース、アナリスト予想などのあらゆる公開情報を使っても将来の株価を予想す... 詳しく見る

    • No:166
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 14:07
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • 弱度の効率性

    弱度(ウィークフォーム)の効率性(Weak-form Efficiency)とは、市場価格が過去の価格情報をすべて反映していることを指す。 弱度(ウィークフォーム)の効率性が成り立つときには、過去の株価の動きや過去の出来高に関する情報などの過去の価格情報から将来の株価を予測することができない。したがって、テクニ... 詳しく見る

    • No:165
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 16:19
    • カテゴリー: 効率的市場仮説
  • アンシステマティックリスク

    アンシステマティックリスク(Unsystematic Risk)とは、分散投資によって消去可能なリスクのことである。例えば、企業内の不祥事やストライキなどの企業の個別の変動要因が挙げられる。このリスクは、分散投資によって消去されるため、期待リターンには影響を与えない。 これに対して、分散投資によって消去不可能... 詳しく見る

    • No:163
    • 公開日時:2018/02/04 01:15
    • 更新日時:2019/09/05 14:06
    • カテゴリー: CAPM
  • システマティックリスク

    システマティックリスク(Systematic Risk)とは、分散投資を行っても消去しきれないリスクのことである。例えば、景気の悪化のようなマーケット全体に影響をもたらすような変動があげられる。CAPMでは、システマティックリスクのみが期待リターンに影響を与える。反対に、分散投資によって消去可能なリスクのことをア... 詳しく見る

    • No:162
    • 公開日時:2018/02/04 01:13
    • 更新日時:2019/09/05 16:18
    • カテゴリー: CAPM
  • ゼロベータCAPM

    ゼロベータCAPM(Zero beta CAPM)とは、市場に安全資産が存在しない場合においてもCAPMの関係式が成立することを示したモデルである。 実際の市場では、安全資産の貸借の利子率が同じであることはなく、同一の安全資産でいくらでも貸借できるということはない。Black(1972)は、安全資産が存在しない... 詳しく見る

    • No:161
    • 公開日時:2018/02/04 01:13
    • 更新日時:2019/09/05 14:06
    • カテゴリー: CAPM
  • ベータ

    ベータ(Beta)とは、CAPMにおける資産のリスクの尺度であり、マーケットポートフォリオの変動に対して、資産のリターンがどれだけ連動して動くかを示したものである。ベータは下記式で表すことができる。 平均分散アプロ-チでは、その証券のリターンの標準偏差を証券のリスクと考えた。しかし分散投資を考えると、証券の標準... 詳しく見る

    • No:159
    • 公開日時:2018/02/04 01:13
    • 更新日時:2019/09/05 14:06
    • カテゴリー: CAPM

125件中 81 - 90 件を表示