• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

このマークのついた用語は、定義に加えて詳細説明を掲載しています。

資産価格理論

148件中 31 - 40 件を表示

4 / 15ページ
  • フラットニング

    フラットニング(Flattening、フラット化)とは、短期金利と長期金利の金利差が小さくなり、イールド・カーブの傾きが緩やかになることをいう。これに対して、短期金利と長期金利の差が広がり、イールド・カーブの傾きが急になることをスティープニングという。 短期金利が長期金利よりも上昇し、イールド・カーブの傾き... 詳しく見る

  • 逆イールド

    逆イールド(Inverted Yield)とは、短期金利が長期金利より高くなり、イールド・カーブの形状が右下がりになることをいう。 市場参加者が、将来的に金利が下がると予測すると、満期の短い債券よりも満期の長い債券への需要が相対的に増え、長期金利は短期金利よりも低くなる。一般的に逆イールドは景気後退のサイン... 詳しく見る

    • No:1896
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/12/11 16:32
    • カテゴリー: 金利の期間構造
  • 順イールド

    順イールド(Normal Yield)とは、長期金利が短期金利より高くなり、イールド・カーブの形状が右上がりになることをいう。 一般的には長期債券の方が短期債券よりもリスクがあるとされるため、順イールドになることが多い。長期債券ほど、価格変動リスクや流動性リスクなどが高くなるため、そのリスク分だけ長期債券の... 詳しく見る

    • No:1895
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/12/11 16:31
    • カテゴリー: 金利の期間構造
  • 市場分断仮説

    市場分断仮説(Market Segmentation Hypothesis)とは、金利の期間構造に対する仮説の1つである。投資家や資金調達を行う企業などによって投資/調達期間の選好が異なるため、各残存期間の債券ごとに市場が分断、金利は各残存期間の債券の需給に応じて独立して決定されると仮定される。イールド・カーブの... 詳しく見る

    • No:1894
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/11/15 01:04
    • カテゴリー: 金利の期間構造
  • 流動性プレミアム仮説

    流動性プレミアム仮説(Liquidity Premium Hypothesis)とは、投資家の流動性に対する選好から、金利の期間構造が右上がり(順イールド)になるという仮説である。 第1に、投資期間が長くなるほど、将来の金利の変動によるリスクは大きくなることから、長期債券は短期債券に比べて、価格変動リスクが... 詳しく見る

    • No:1893
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/12/11 16:29
    • カテゴリー: 金利の期間構造
  • 純粋期待仮説

    純粋期待仮説(Pure expectations hypothesis)とは、将来の金利に関する期待によって、金利の期間構造が決定するという仮説である。 例えば、将来の金利が上昇すると投資家が考えていたとすると、現在から1年先のスポット・レート(st,1)と1年後の1年先のスポット・レートの期待値(Et (... 詳しく見る

    • No:1892
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2019/11/15 00:59
    • カテゴリー: 金利の期間構造
  • スポット・レート

    スポット・レート(Spot Rate)とは、割引債のように、投資時点(現在)と将来の一時点(回収時点)においてのみキャッシュ・フローが発生する場合に適用される金利で、将来のキャッシュ・フローの現在価値を求める際に用いられる。 【図】 スポット・レートは、割引債の最終利回りとして、以下の公式で求められる... 詳しく見る

  • 金利の期間構造

    金利の期間構造(Term Structure of Interest Rates)とは、債券の残存期間(満期までの期間)と利回りの関係を表すものである。 債券の残存期間と利回りの関係は図1のような曲線であらわされ、この曲線はイールド・カーブと呼ばれる。イールド・カーブの形状は、経済状況や金融政策、財政政策... 詳しく見る

  • レジリエンシー

    レジリエンシー(Resiliency)とは、市場の流動性の1側面を表した概念であり、市場で大規模な取引による価格変動が生じた後に、元の正常水準に戻るまでにどれだけの時間を要するかを表す。価格が正常価格に戻るまでの時間が短いほど、レジリエンシーが高いという。レジリエンシーが高いほど、市場の流動性が高いと言える。 ... 詳しく見る

    • No:1885
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2020/02/21 22:18
    • カテゴリー: 市場の流動性
  • タイトネス

    タイトネス(Tightness)とは、市場の流動性の1側面を表した概念であり、市場でいかに取引費用をかけずに売買が実行できるかを表す。 売値と買値の差でその大きさが測定されることが多く、売値と買値の差はビッド・アスク・スプレッドと呼ばれる。この差が小さいほど、取引費用が小さく、取引費用が小さい市場ほど、流動性が高... 詳しく見る

    • No:1884
    • 公開日時:2019/09/30 12:05
    • 更新日時:2020/02/21 22:17
    • カテゴリー: 市場の流動性

148件中 31 - 40 件を表示