• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2016
  • 公開日時 : 2019/12/25 09:46
  • 更新日時 : 2020/03/12 12:35
  • 印刷

特定期間選好仮説

特定期間選好仮説
カテゴリー : 

回答

特定期間選好仮説(Preferred Habitat Theory)とは、投資家は特定の期間を選好し、別の期間に投資するには、リスクやコストを補うようなプレミアムを求めることからイールド・カーブの形状を説明する仮説である。
 
例えば、投資家が短期債を選好する場合、この投資家は長期債にかかわるリスクや取引コスト以上の十分なプレミアムを得られない限り、長期債には投資しない。この場合、イールド・カーブは順イールドとなる。反対に投資家が長期債を選好する場合、この投資家は短期債にかかわるリスクや取引コスト以上の十分なプレミアムを得られない限り、短期債には投資しない。この場合、イールド・カーブは逆イールドとなる。
 
この仮説は、ModiglianiとSutchによって1966年に提唱され、純粋期待仮説流動性プレミアム仮説市場分断仮説を組み合わせた仮説である。
 
 
 

(参考文献)
Modigliani, F., & Sutch, R. (1966). Innovations in interest rate policy. The American Economic Review, 56(1/2), 178-197.
 

 

関連用語

あわせて閲覧されているワード